Nikon COOLPIX P310   


 今まで使っていた、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の電池蓋のヒンジが壊れて
使うのに不自由に。このコンデジは、F2.8と明るいレンズ、手振れ補正、シーンモード、
絞り優先、シャター優先、2.7インチ液晶と1万円の割には、良かったのですが。
 仕事で使ってるリコーCX6が、暗いところでも良く写ります。理由は、受光素子が
CCDから、C-mos裏になり、受光性能が各段に良くなった為です。
C-mos裏は、当初は写真が、平面的なるとか、不評だったのですが、技術の進歩ですねー。
で、新しく購入したのがニコンP310、1眼レフのサブ機という、位置付けだそうです。
e0158517_21395322.jpg

決め手は、F1.8の明るいレンズ。そして無骨なデザインです。性能は
4.2倍ズーム+デジタルズーム、24-100mm相当です。
マクロは、最大2cm、シーンモード、絞り優先、シャッタ優先、マニュアル、置きピン等
普及1眼レフと、同じ機能が有ります。その他、機能は、いっぱい。面白いのは夜景
絞りを利かした画像を、瞬時に10数枚連写し、合成するもの。
 まずは撮ってみました。
ジャンボ2機、ピカチュー、まだ有るんですねー。
e0158517_2150150.jpg

787と、ジャンボ
e0158517_2150328.jpg

飛行機から、雲を
e0158517_21505965.jpg

熊本のマンションからの夕焼け(夕焼けモード)
e0158517_21515821.jpg

しばらくは、楽しめそうです。
[PR]

by saneyuki_y | 2012-10-01 21:56 | 気儘な写真の部屋 | Comments(0)

<< フラダンス ビーフロース肉のムニエル >>