CB750FOURフロントフォークオイルシール交換、その2   


今日は、関東地方を台風が通り抜け、皆さん無事だったでしょうか。
今しがた、ジェット機が上空を通過。1時間45分遅れで到着のようです。
皆様、お疲れ様でございます。
熊本は、1日、秋の晴天で、ございました。

 さて、その2でございます。
まずは、トップボルトを外します。
 前回、注意意をさせて頂いたように、単品状態では外せないボルトでございます。
e0158517_22211051.jpg

スプリングを抜き取り、オイルを、処理ボックスへ。
マンション暮らしでは廃油の処理も、ままならないのでございます。
e0158517_22222360.jpg

で、次はEリングの取り外し。錆びてますねー。
今回の作業で、この専用工具は必ず必要でございます。
もの凄く丈夫なリングで、先細のペンチでも、外せません。
e0158517_22273095.jpg

ここからが、CB750FOURの特異なところでございます。
良く、フォークのボトムボルトの取り外しに苦労されているのを聞きますが
CB750K0,K1,K2は、取り外す必要が無いのでございます。
こうやって、インナーパイプをコンコンと引き抜き側に引っ張ると
e0158517_22304882.jpg

ズボッツって、オイルシールと共に抜けてくるのでございます。
e0158517_2231211.jpg

もう、お分かりでしょうが、先ほどのEリングのみで、抜け防止がされているのです。
ウイリーや、悪路で、全伸びの時、このEリングだけで頑張ってる。
リバウンドスプリングは有りません。
その為、2mmくらいの厚みがある丈夫なリング。しかも錆錆。
専用工具が必要な理由です!

 本日は、ここまでで、ございます。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-09-16 22:39 | 古女房CB750FOURの部屋 | Comments(2)

Commented by 渓 酔 at 2017-08-08 10:15 x
とても参考になりました。
Commented by saneyuki_y at 2017-08-10 21:41
無事、交換が出来たようで、良かったですね。
トップブリッジの割れ、初めて聞きました。
今度、調べてみます。

<< CB750FOURフロントフォ... CB750フロントフォークオイ... >>