クマ モンスター1100evo ブレーキパッド交換   

 久々のバイクネタでーす。
残りは2mmくらいになったので、春に備えて、ブレーキパッドを交換。
まだ2mmもあるのにと、思う方もいると思いますが
パッドが減ると、ピストンの押し出し量が増えて、ピストンに余分な力が加わります。
また、ピストンは露出が少ない方が、何かと安心。
 今回交換するパッドは、ブレンボ純正です。
なーんだ純正か・・・と思われる方、焼結純正パッドと言っても
実は摩擦係数による種類が有ります。パッドの型番の最後のアルファベット
最初の文字と、後の文字は、低温と高温の性能で、アルファベットが後ほど効きます。
C,D,Eは、あまり使われてないようで

FF(摩擦係数0.35~0.45)モンスター等に標準装備
e0158517_16275926.jpg

GG(摩擦係数0.45~0.55)スーパーバイク等
e0158517_16250812.jpg
















HH(摩擦係数0.55~)レース用

e0158517_16283052.jpg
交換は簡単です。まず、スライドピンからクリップピンを外します
e0158517_16290224.jpg
次にスライドピンをプライヤーで引き抜くと
e0158517_16292805.jpg
パッドが顔を出します。古いの外して新しいパッドを・・・・・入りません
ピストンを戻さないと。戻し方は古いパッドを入れた状態でドライバー等でパッドに押し当てて
グイグイとこじります。このとき、リザーブタンクの液量に注意してください。溢れたら大変です。
e0158517_16294466.jpg
早々に試乗して来ました。
初期からグーと効いて、指2本でABS作動まで行きます。
低速では、フロントフォークの沈みが鋭くなり、セッティング変更が必要になりそう・・・・
ABSがあるのに、ちょびジャックナイフが出来ました。
e0158517_16301002.jpg
阿蘇は雪景色
寒~


[PR]

by saneyuki_y | 2017-02-12 17:24 | 妖艶1100EVOの部屋 | Comments(0)

<< 阿蘇崩落現場2017年2月19日 たまには呑みネタ。熊本 Fin... >>