1098シリーズのレギュレーターがリコールになりました。   

以前、ブログで、解説した1098のREGが正式にリコールとなりました。
文面によると、

『ボルテージレギュレータ(電圧調整器)の遮熱が不十分なため、
熱影響によりボルテージレギュレータの性能が低下するものがある。
そのため、バッテリーに充電されなくなり、最悪の場合、
走行中原動機が停止し、再始動できないおそれがある。

 対策内容 : 全車両、バッテリーブラケットを対策品と交換するとともに、
ボルテージレギュレータを点検し、対策が必要となるものは
ボルテージレギュレータを良品と交換する。』
となっています。
 対作品のバッテリーブラケットを見てみないと分りませんが、
放熱板の追加でしょうか?囲ってしまうと、余計に熱がこもります。
 日本の渋滞路が、ヨーロッパに比べて厳しいのでしょうね。
e0158517_19581690.jpg

放熱性が問題ですから、渋滞の少ない方は、まず大丈夫でしょうが、
渋滞で、一寸刻みな状況では厳しいですねー。
[PR]

by saneyuki_y | 2009-02-03 19:59 | 遊び女748Rの部屋 | Comments(2)

Commented by kankiti55555 at 2009-02-04 15:52
私は昨年、1098に二回試乗して二回ともエンジンストップしました。
一回目はトンネルの中だったので、携帯も通じず、
しんどい思いをしました。
二回目もトンネルを出た所でした。
レギュレーター交換後は大丈夫に成ったそうですが、
それまでは1098が何台も修理に入っていました。
高知の夏は他県より暑かったのかもしれません。
Commented by saneyuki_y at 2009-02-04 21:52
昔は、ヨーロッパ車の4輪が、日本の夏に対応できず、オーバーヒートするのがポピュラーでしたね。エアコン、ガンガンで、夏の渋滞、今のヨーロッパ車は、どうなのでしょう?
 GT1000、もし心配なら、アルミ板の座布団を、お勧めします。

<< CB750FOUR スターター... 富士山 >>