CB750FOUR スターターモーター、ブラシ交換   

 
 最近、たまにスターターモーターが、うんとも、すんとも言わない時が・・・
スターターマグネットSWは、カチカチと音がしています。
うーん、モーターのブラシが、磨り減ったのかも。
試しに、回らない時に、プラハンで叩いてみると、廻り始めましたー。
うーん、この古女房、もう11万キロ以上走ってます。
10万キロ前に、エンジンは、オーバーホールをして頂いたのですが、
この時、ブラシは交換しませんでした。
そこで、ブラシ交換です。

 CBは、背中の中に格納されています。現代のバイクのように剥き出しでは有りません。
e0158517_1949172.jpg



 クロームメッキのカバーを外し、チェーンテンショナーと、エアクリーナを外して
モーターを引きずり出します。
e0158517_20235348.jpg



 モーターの、ビスを外すのは、結構、難しいのです。ビスが長いので、ビスがたわみ、
ショックドライバーは、効果が少なく、普通のドライバーでは、ビスの頭を舐めてしまいます。
 まずは、万力に、しっかりと固定します。
e0158517_20274081.jpg


 ビスは、T型の、しっかりしたドライバーが安心です。
e0158517_20285426.jpg



 モーターの、お尻が、あらわになりました。
見た瞬間『きたなーい』そう、ブラシのカスで、真っ黒です。
e0158517_20303928.jpg



 分解したブラシです。上が新品、下が、使い古し。
+側のブラシが、半分以下になってました。こりゃ、ダメだは。
e0158517_20323223.jpg



 新しいブラシを組み付け、モーターの先端のO-RINGにグリスを塗って、組み立てます。
この部分のO-RINGは、耐油性なので、リチウムグリスを使いました。
e0158517_20355862.jpg



 あとは、順番に組み付けて終了です。
元気に廻るのを確認して、一安心。
おまけの画像。これは、チェーンテンショナーです。
最近のバイクは、自動式ですが、この頃のは、マニュアルで調整します。
e0158517_20382311.jpg

[PR]

by saneyuki_y | 2009-02-07 20:40 | 古女房CB750FOURの部屋 | Comments(0)

<< ありゃまー。 1098シリーズのレギュレータ... >>