<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

秋景色   


 埼玉に戻ったついでに、秋の景色を撮りに。
いつもの神社へ
 歩いていると、風が吹き抜け、落ち葉が舞ってます。
e0158517_2321263.jpg

冬桜が、可愛い花を付けていました。
e0158517_2322926.jpg

真っ赤に燃える紅葉が、とっても綺麗
e0158517_23235029.jpg

イチョウとのコントラストも素敵です。
e0158517_23242788.jpg

深まりゆく秋の色が、綺麗です。
e0158517_23251614.jpg

[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-26 23:26 | 気儘な写真の部屋 | Comments(0)

オーベルジュ ラ・カンパーニュ pentax k30   


季節は紅葉、食欲の秋
e0158517_17464029.jpg

綺麗に色づいています。
e0158517_1749135.jpg

 オーベルジュ
意味は、宿泊設備の有るレストランとか。
料理自慢のペンションより、更に本格的で、
1日の、お客の人数が限定されることから
シェフが、おもいのままに腕を振るえる施設・・・・・
で、行って来ましたー、たまには、美味しい物が食べたいと。
いよいよ、ディナータイムでございます。
①さつまいものムース、コンソメジェルのせ、とってもジェルが、だしが利いていました。
e0158517_17515838.jpg

②ほたて貝のパートフィロー包み、ほたての味わいが素敵でございます。
e0158517_18203366.jpg

③マグレ鴨胸肉のカルパチョ、スーパーの合鴨燻製とは、天と地ほどの違い、味わい豊かでございます。
e0158517_18261047.jpg

④フォワグラのソテー、もうたまりません。最高!
e0158517_18303529.jpg

⑤スモークサーモンとウズラの卵のサラダ キャヴィア添え、うずらが半熟!キャビアにうっとり・・・
e0158517_18312096.jpg

⑥チーズのキッシュ、濃厚な味わいで、まろやかに、料理も、身も心も溶けていきます。
e0158517_18334064.jpg

⑦エスカルゴのフライ・・・実は初めて、ちょっと抵抗が有りましたが、バイ貝と思えば(笑)
e0158517_18354364.jpg

⑧クリームスープ、このタイミングで、少し落ち着かせます。
e0158517_18383787.jpg

⑨平目のムニエル?(正しい名前、美味しさのあまり忘れました。)
e0158517_18411026.jpg

⑩お口直しの柚子のソルベ、冷たいアイスで、お口をさっぱりいたします。
e0158517_18415080.jpg

⑪牛フィレ肉のソテー トリュフソース、これで3大食材でございます。
e0158517_1844322.jpg

⑫デザート、ジェラート、イチゴ、紅茶のムース
e0158517_18464967.jpg


 いかがでしょうか、最高でしょう。
でも、お腹は、パンパン、子持ししゃもになった気分でございます。
うーん、苦しい。

翌朝の朝食、ふわふわオムレツが最高でした。
e0158517_18484068.jpg

最高ですねー。
で、お値段ですが、ワインも飲んで15000円程。
 これだけの料理が堪能出来て、この値段。オーベルジュのファンになりました。

ランチは、ぐっと和風で鴨蕎麦に。これもなかなか
e0158517_18493974.jpg


場所は
e0158517_1853418.jpg

でございます。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-17 18:56 | 日々の想い | Comments(0)

八代、花火競技会2013@ NIKON COOLPIX P310   


 釣ったカレイは、煮付けに
e0158517_2321297.jpg

じゃなくて、花火でございました。
天草から、一路、八代へ、裏道をナビを見ながら進み、花火大会開催時刻に
なんとか無料駐車場へ停めて、夜空に輝く花火を見ながら歩くこと20分
やっと、良い見頃な場所に腰を落ち着けます。家族連れや、カップルの中、
独りは、ちょと寂しいのでございます。
 八代花火競技会
これは、花火メーカーの現物展示発表会でございます。
 5号玉を5発、1尺玉を1発、各メーカー毎に打ち上げ、
品評会です。来年の受注のために。では、ご覧下さい。
e0158517_23281269.jpg

e0158517_23282997.jpg

e0158517_23284599.jpg

e0158517_2329018.jpg

e0158517_23292157.jpg

e0158517_23294298.jpg

カメラは、ニコン COOLPIX P310花火モードで、撮影でございます。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-11 23:48 | 気儘な写真の部屋 | Comments(0)

天草、維和島で、アイナメ釣り   

e0158517_21442592.jpg

 やっと気温も下がり、釣りへ。
場所は、いつもの天草、維和島でございます。
 朝、5時に起きて出発・・・・・
そう筑波へ通っていた時は、こんな朝早く起きるほど夢中になる事は
もう無いだろうなーって思っていましたが、また初めてしまいました(笑)。
 今日は、朝7時が干潮。アイナメ、かさごは、満潮から下がる時が狙い目でございます。
現地に7時過ぎに到着。最初は、沖に向けて投げ釣り、狙いは小鯛ですが・・・
まったく、あたりが来ません。エサすら取られない・・・・・・
 そこで、浮き釣りに変更。小さいチヌでもと思い、こませを撒きながら
ぐーっと浮きが沈み、すかざす合わせます。釣れましたー・・・・ふぐが・・・
 この後も、ふぐばっかり(汗)
 お昼休憩の後、待望の満潮過ぎとなりました。
まずは、良型のアイナメ、次はカレイ・・・防波堤の探り釣りで初めての獲物でございます。
 その後、適度に釣れて、アイナメ4匹(2匹、ばらしてしまった・・・・残念)カレイ1匹
カサゴ1匹、べら2匹(リリース)ぎんぼ3匹(リリース)ふぐ沢山(すべてリリース)
e0158517_21445034.jpg

まあまあでした。
 帰り道、ミラーに映る夕日なぞ
e0158517_21464024.jpg

今夜は、八代の花火大会、一路、八代へハンドルを向けて走るのでございます。
また、載せますねー。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-10 21:48 | 日々の想い | Comments(0)

水鏡   


 たまには、写真でも・・・・
ありきたりですが、湖面に(池ですが)映る水鏡
e0158517_22423119.jpg

少し時期外れになりましたが、コスモスも咲いていました。
e0158517_22432965.jpg

画像をクリックして頂ければ、大きな画像になります。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-05 22:44 | 気儘な写真の部屋 | Comments(0)

鹿児島ツーリング、最終日 野間半島   


 お世話になった宿を後にします。
e0158517_20481326.jpg

開聞岳、登るには2時間~とか、今回は、眺めるだけでございます。
e0158517_2050567.jpg

枕崎方面に、焼酎の工場を見ながら、野間半島へ
 野間半島、海がとっても綺麗ですが、道幅は1車線。
対向車に気をつけながら、走るのでございます。
しかし、こんな僻地(済みません)にも、ぽつん、ぽつんと家が有り、
平屋で、高い壁に囲まれている造り、台風への防備なんでしょう。
e0158517_205624.jpg

そうそう、良く見るのが、こんな看板。
どのような品物が、取引されているのか・・・・・
e0158517_20563013.jpg

ほぼ先端に来ました。碧い海が、上から見渡せます。
e0158517_20594513.jpg

漁港の防波堤から見ると30cmくらの魚が、うようよ。
釣り道具が有れば、直ぐに竿を出したいとこです。
でも、さすがに熊本から釣りで来るには遠い・・・・
 水俣で、ランチ。1080円で、このボリューム
お刺身、あら煮、天ぷら、茶碗蒸し、サラダ、ひじき
実は、お皿が小さい。茶碗と比べれば・・・・・
e0158517_213870.jpg

葦北半島の漁港を、釣りの下調べがてら廻って、高速で熊本へ。
 ここで、ある発見・・・不具合。スピードメーターが、100kmを超えると
かなり、いい加減。上下にブレまくり・・・・うーん、まあナビのスピード表示が
有るので大丈夫・・・って言うより100km以上は、辛いネイキッド。
そうそう、TT-RSが、追い越して行きました。初めて走ってるのを見た。
よし、もっと見ようとアクセルを開けたのですが・・・・・
あっと言う間に、見えなくなってしまいました。CBは120kmも出す気になれず・・
ST4なら、なんの苦もなく付いていけるのに・・・

 で、今回のツーリングも無事終了。
メーター不具合、リヤタイヤも限界、探さないと。
e0158517_21264198.jpg

[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-03 21:28 | 古女房CB750FOURの部屋 | Comments(0)

鹿児島ツーリング、2日目 知覧特攻会館から指宿 ②   


 本日の宿泊は、指宿でございます。
指宿と言えば、砂風呂でございます。
指宿砂風呂会館へ、海辺の砂浜に、有りました。
e0158517_20442823.jpg

料金は900円、まっぱに、浴衣を着て、砂風呂へ
窪みに寝転ぶと、砂を左右からかけてくれます。
砂かけ婆・・・失礼。お姉さんが、写真撮るの、良いよ撮ってあげるよ
かなり慣れているのか、操作を説明しなくてもズームや構図を考えて
撮ってくれました。
e0158517_2048090.jpg

ただ、思っていたより熱くて岩盤浴以上。
10分ぐらいが丁度良いですよの説明で15分粘ったのですがギブアップ
あちー、砂だらけの浴衣を、ダストシュートに入れ、シャワーで砂を落とし
内湯の温泉で、湯ったり。意外と知られていない3階には、居酒屋スペースがあり
生ビールを注文し、屋上ビヤホール気分で頂きました。
e0158517_20521567.jpg

屋上から眺める指宿の海岸でございます。
e0158517_20531565.jpg

今宵の宿は、民宿旅館、白波荘
夕食も、一般的な感じで、秋刀魚、刺身、蒸し焼き、海老フライ、煮物、とろろ
丁度良い量でした。
e0158517_20561825.jpg

この宿にしたのは、窓から海が見渡せますって宣伝に惹かれたからでございます。
e0158517_214093.jpg

そうそう、この宿は観光バスの運転手さん、ガイドさんの常宿のようで、10組近く、いらっしゃいました。昔(30年前)旅館でバイトしていた頃は、運転手さんとガイドさんは、同室だったのですが、さすがに現在は、個室でしたね(笑)
 ここは、民宿料金で7500円。値段なりの部屋と設備ですが、土曜日に1人旅を受け入れてくれる有難い宿でした。近くに有る国民休暇村は、設備も、お部屋も良く1人旅もokで迷ったのですが、やはり本家砂風呂に入りたく、この宿にした次第です。
明日は、最終日でございます。
[PR]

by saneyuki_y | 2013-11-02 21:11 | 古女房CB750FOURの部屋 | Comments(2)